親子リレー返済とは

kazoku 親子リレー返済とは、親が借りたローンを、将来、子どもが引き継いで返済すること。

親子で連帯して債務を負う。

住宅ローンでは借入資格のひとつとして年齢制限があります。
公的融資でも60歳を超えると借りられる期間が短くなります。

返済期間が短いということは毎月の返済額が多くなったり、借りられる金額が少なくなります。

60歳は最長20年
61歳以上65歳未満は最長15年
65歳以上70歳未満は最長10年
70 歳上の人は利用できません。

そのため、一定の条件を満たすローンの後継者がいると、申し込み本人の年齢に関係なく借りることができ、最長の返済期間(60歳以上でも最長25年から35年)融資が受けられます。

住宅ローンの融資条件の一つに完済時年齢の制限があるため、親子リレー返済を利用することで、親が高齢であっても子どもの年齢を基準とした長期の返済期間でローンを組むことが可能となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ