競売とは

競売とは、借入金の返済が滞った場合に、貸し手である債権者(銀行など)が裁判所などを通して担保を差し押さえ、これを売却し、借入金の返済に充てるための制度。

不動産が担保の住宅ローンの場合、物件の購入希望者の中から買受人を決定し、債権者はその売却代金によって住宅ローン債務の返済を受ける。

不動産競売の問題点としては、入札参加の規定に暴力団など反社会的団体を排除する規定が盛り込まれていない。

規定がないこともあって、土地や建物の競売に暴力団が参加し、組事務所などに使用することが相次いでおり、全国で問題となっています。

日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会は、入札参加から暴力団排除を可能とするため、民事執行法の改正を法務省などに求める方針です。

hanmer

サブコンテンツ

このページの先頭へ