未払利息とは

未払利息とは、一般的な「変動金利型」の場合、金利は半年ごと、返済額は5年ごとに見直しを行いますが、見直し後の金利が大幅に上昇することによって、計算上の割賦利息額が返済額を上回る場合に発生する未払部分の利息。

「返済額は5年間変わらない」「見直し後の返済額は見直し前返済額の1.25倍以内」という、返済額のルールによって起こる現象。

未収利息発生時に融資残高は一切減らず、また未払利息も免除されるわけではないので、その後の返済計画に大きな影響を及ぼす。

komatta

サブコンテンツ

このページの先頭へ