期限の利益とは

期限の利益とは、期限の到来までは債務の履行を請求されないなど、期限が到来していないことによって当事者が受ける利益。

住宅ローンの場合では、約定期日までは返済請求を受けないことが「利益」となるが、返済の遅延が続くなどして銀行等から全額繰上償還請求を受けた場合、この「期限の利益」は失われることとなる。

okane

サブコンテンツ

このページの先頭へ