固定金利期間選択型ローンとは

固定金利期間選択型ローンとは、ローン実行時から一定期間の金利を固定するタイプのローン。

金利を固定できる特約期間は金融機関によって異なり、2年、3年、5年、7年、10年などが選べる。

当初選択した固定金利期間が終了すると、金融機関によって、

(1)再度、固定金利型か変動金利型かを選択できる
(2)変動金利型しか選択できない


などの違いがある。

okane

サブコンテンツ

このページの先頭へ