印紙税とは

印紙税とは、契約書などを作成した場合にかかる税金(国税)です。

契約書などに必要な金額の印紙を貼り、消印することにより納税する。

税額は、契約書の内容や契約金額などによって異なりますが、住宅ローンでは、1,000万円超5,000万円以下の契約となるケースであれば、印紙税は2万円となります。

印紙税

サブコンテンツ

このページの先頭へ