住宅ローン控除とは

dentaku 住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用して住宅の新築・購入や、リフォーム・増改築などを行った場合に、一定条件に該当すると所得税や住民税について、住宅ローン控除の適用を受けることができます。

住宅ローンを利用しない場合でも、認定長期優良住宅については、所得税の特別控除を受けることができます。

所得税から控除しきれない部分は、翌年度の住民税から控除されます。


主な適用要件は下記のとおりです。


1.取得後6ヶ月以内に居住し、控除を受ける年の年末に引き続き住んでいること

2.控除を受ける年の合計所得が3,000万円以下であること


3.登記事項証明書の家屋の専有面積が50㎡以上で床面積の2分の1以上が自己居住用であること(増改築の場合は増改築後の面積が50㎡以上であること)

4.10年以上にわたって分割返済する借入金があること(親族などからの個人的な借入や1.0%に満たない利率による勤務先からの借入金は除く)

5.居住した年及びその前後2年間(通算5年間)居住用の財産の3,000万円の特別控除等の特例を受けていないこと

6.中古の場合、次のいずれにも該当する住宅であること

(1)建築後使用されたものであること
(2)次のいずれかに該当する住宅であること
  (ア)取得する建物が耐火建築物の場合は築後25年以内であること
  (イ)木造など非耐火建築物の場合は築後20年以内であること
  (ウ)新耐震基準に適合する建物であること(この要件による特例の適用は平成17年4月1日から、申告時に耐震基準適合証明書を添付)ただし、既存住宅売買瑕疵保険に加入後2年以内の一定の住宅であることが証明された場合を含む
(3)親族や事実婚の相手など生計を一にする親族などから取得した住宅・贈与による住宅でないこと

サブコンテンツ

このページの先頭へ